ウィッグのお手入れ方法

バナー

ウィッグのお手入れ方法

ウィッグは雰囲気を変えたい時など、たまに使用する女性も多いです。

実際に私自身、前髪だけのものなどいくつかのウィッグを使用していました。


しかし、使用しているうちにどうしても絡まりなども出てきます。

その様な状態になる前に、にきちんとしたお手入れをしなければ長持ちをさせることができません。

使用した後にきちんとしたケアをすることが、キレイな状態を長持ちをさせる重要なポイントとなります。

まず、数回使用すると臭いが気になりだします。


使用して臭いなどが気になりだした時には、ウィッグを洗います。
その時の手順として、まず最初に逆毛やついているほこりなどをキレイにブラッシングして取っていきます。

縦ロールなどのウィッグの場合には、カールが取れてしまう危険がありますので、ブラシは使わず手で優しくしてとってください。無理にしてしまうと痛みの原因となりますので出来る限りでかまいません。
その後、ウィッグ専用のシャンプーとリンスを使い適量の水で優しく押すように洗います。
この時お湯を使うと、コーティングが剥がれてしまいますので、お湯は使用してはいけません。

もしもウィッグ専用のシャンプーがなければ、自分が使っているシャンプーとリンスでも大丈夫です。


キレイに洗い終わったら、優しくタオルで包み込むように水分を取り、室内で寝かした状態で自然乾燥させます。2日くらい置いておくと完全に乾いてくれます。

ウィッグが完全に乾燥したら、軽くブラッシングをしてからウィッグ専用トリートメント、もしくは自分の使用しているトリートメントでかまいませんので、軽くふった後にブラシなどで形を整えていきましょう。縦ロールのものなどは手でキレイにカールを作ってあげます。ウィッグ専用の物を使う必要はありませんが、専用のものを使用したほうがよりつややかになり、状態も長持ちしてくれます。

熱に弱いので、毛を痛めないためにドライヤーなどは使用しない様にしてください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10135220940
http://matome.naver.jp/odai/2138500788489709001
https://www.facebook.com/fastingmeister

池袋で痩身が有名になってきました。

ニキビの皮膚科情報が探せます。

ワキガ治療の効果関連情報を解説します。

新宿レーザー脱毛の評判の専門技術を身につけましょう。

東京の発毛の口コミの喜びの声を頂いています。

Copyright (C) 2016 ウィッグのお手入れ方法 All Rights Reserved.